自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症が悪化した時の症状・病気の「顎関節症」です。

顎関節症

顎関節症と自律神経失調症は無関係のようにも見えますが、実は密接に関係しています。 顎関節症の方は頭蓋骨がゆがんでいる方が多く、頭蓋骨がゆがんでいる方は自律神経失調症の方が多いからです。


顎関節症の原因

顎関節症の原因は、大きく4つに分けられます。

  1. 筋肉のバランスが悪いことが原因で起こる顎関節症
  2. 筋肉の緊張が原因で起こる顎関節症
  3. ストレスが原因で起こる顎関節症
  4. 骨の位置のずれ・ゆがみが原因で起こる顎関節症

1、筋肉のバランスが悪いことが原因で起こる顎関節症

  • 噛み合わせの悪さ
  • 咀嚼筋(噛む筋肉)、関節包、靭帯のバランスの悪さ

などで顎関節にゆがみの力がかかり、顎関節症の原因になる場合があります。


2、筋肉の緊張が原因で起こる顎関節症

  • 肩の筋肉の緊張
  • 首の筋肉の緊張

肩や首の筋肉と顎の筋肉は深い関係にあるので、肩や首の筋肉の緊張が顎関節症の原因になる場合があります。


3、ストレスが原因で起こる顎関節症

  • 精神的なストレス
  • 強く噛み締めるくせ、音を鳴らすなど身体的なストレス

などが、顎関節症の原因になる場合があります。


4、骨の位置のずれ・ゆがみが原因で起こる顎関節症

  • 下顎骨(顎の骨)のずれ
  • 関節円板のずれ
  • 骨盤、背骨など、姿勢や体のゆがみ
  • 関節の変形

なども顎関節症の原因になる場合があります。


顎関節症について詳しく知りたい、相談をしたい方へ

顎関節症について詳しく知りたい方は、自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」の顎関節症をご覧ください。顎関節症テストも掲載しています。
辛い顎関節症を今すぐ何とかしたい方は、自律神経失調症やうつ病に詳しい整体院「健療院グループ」までご相談ください。

このページの先頭へ