自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症が悪化した時の症状・病気の「神経性嘔吐症」です。

神経性嘔吐症

病気ではないのに、吐き気が頻繁に起こしたり、嘔吐が続いたりする症状が神経性嘔吐症です。 私生活や仕事などの環境が変わったとき、また、ストレス発散ができずに溜め込んでいるようなときに起こりやすいです。
神経質で繊細な子供がなることが多く、怒ったり泣いたりした後に吐いたりすることがあります。一応、病院で検査して他の病気ではないか検査をすることをお勧めします。


神経性嘔吐症の原因

原因は、精神的に負担がかかっていることで自律神経が乱れていることです。 特に子供の場合は、自律神経の発達が未熟なのでこのようなことが起こることが多々あります。 また、大人でも自律神経のバランスが乱れているときは、ストレス時で気分が悪くなったり、吐き気や実際に吐いてしまうことがあります。


神経性嘔吐症について相談をしたい方へ

辛い神経性嘔吐症を今すぐ何とかしたい方は、自律神経失調症やうつ病に詳しい整体院「健療院グループ」までご相談ください。

 自律神経失調症に詳しい整体院 

このページの先頭へ