自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症が悪化した時の症状・病気の「膠原病(リウマチ・エリトマトーデスなど)」です。

膠原病(リウマチ・エリトマトーデスなど)

リウマチ、全身エリトマトーデス、シェーグレン症候群、スチル病など、膠原病も色々とあります。 これらの膠原病になる方の多くが、気付いているか気付いていないかに関わらず、長年に渡り多くのストレスを抱えています。

また、膠原病を患ってからもストレスにさらされると、その膠原病の症状がひどくなります。 例えばリウマチやスチル病では関節の痛みがひどくなったり、シャーグレン症候群では、唾液の出が異常に悪くなったりします。
逆に言うとストレスをなくし、自律神経を整えれば、これら難病の症状もかなり良くなっていきます。

具体的に行くと、交感神経が過剰に働くことで症状が悪化しますので、副交感神経が働くようにリラックスすることで症状がかなり軽く出来ます。

 自律神経失調症に詳しい整体院 

このページの先頭へ