自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症の予防の「糖分、油分、アルコールは控えめに」です。

糖分、油分、アルコールは控えめに

過剰な糖分、油分の摂取は自律神経失調症だけでなく、体にも決してよいこととはいえません。
糖分は、血糖値を急激に上げることにより体に負担がかかります。
また、油分は胃や腸にも負担をかけます。また、体の各部で炎症を起こしやすくして、交感神経を過剰に働かせてしまいます。 除外される油分として、αリノレン酸という油があります。この油は自律神経失調症の方の場合、逆にたくさん取った方がいい油分です。
サバやイワシなどの青魚にたくさん含まれています。 また、カフェインは自律神経失調症の元といっていいぐらい自律神経に負担をかけます。 自律神経失調症から完全に復活したとしても一週間に2~3杯程度にしましょう。また唐辛子なども控えめにすることをお勧めします。

このページの先頭へ