自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症が悪化した時の症状・病気の「ガン」です。

ガン

ガンさえも自律神経失調症により患うといっても過言ではありません。 ガンは細胞の突発的な変異が何回も繰り返されることで起こります。 なぜ突発的な変異でなるかというと、細胞分裂の際に、体にストレスがかかっていることでガン細胞に変異するのです。

また、自律神経失調症になると、細胞分裂の回数が多くなりガン細胞に変異する機会が増えたり、細胞分裂の際に突然変異が起こりやすくもなります。
ガン体質の方は、自律神経の交感神経が過剰に働きやすい方で、吹き出物がでやすかったりもします。 ガンの患者さん達は、ガンになる前に長年に渡って多大なストレスを抱えている方が多いという報告もあります。

このページの先頭へ