自律神経失調症.net大辞典/「自律神経とは」です。

自律神経とは

自律神経失調症になると自律神経のバランスが乱れていると言いますが、この「自律神経」とはいったい何なのでしょうか?
人間の体には「体性神経」と「自律神経」という2つの神経が張り巡らされています。

「体性神経」とは、自分の意思などで働く神経です。

  • 「暑い」「寒い」「痛い」など私たちが感じる感覚を脳に伝える
  • 脳からの指令を体に伝える働きをする

そして「自律神経」とは、自分の意思とは関係なく働く神経の総称です。

  • 心臓や内臓を動かす
  • 血圧や体温の調節
  • 食べ物の消化
  • 血管・瞳孔・汗腺の機能の調整など

このように生命を維持するのに重要な体の機能をコントロールしているのが自律神経です。
この「自律神経」はさらに「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けることができます。


「交感神経」とは、活動する神経と言われていて、以下のような働きがあります。

  • 呼吸や心臓の動きが速くなる
  • 血管の収縮
  • 血圧の上昇
  • 胃腸の働きを抑制する
  • 膀胱が広がる
  • 子宮の収縮

「副交感神経」とは、休む神経と言われていて、以下のような働きがあります。

  • 呼吸や心臓の動きが遅くなる
  • 血管が広がる
  • 血圧が下がる
  • 胃腸の働きを活発にする
  • 膀胱が収縮する
  • 子宮が広がる

この2つの自律神経、「交感神経」と「副交感神経」の働きを見たときにお気づきの方もいらっしゃることでしょう。

交感神経と副交感神経は対照的な働きを持っているのです。この2つの神経は
交感神経が働くとき   →   副交感神経はお休み
副交感神経が働くとき  →   交感神経はお休み
というように、バランスよく交互に働きます。

こうすることで、私たちの体は維持されているのです。自律神経失調症とは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れることを言います。

 自律神経失調症に詳しい整体院 

このページの先頭へ