自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症が悪化した時の症状・病気の「うつ病」です。

うつ病

自律神経失調症を長く患って、他の病気にならない場合は、たいていうつ病になります。 うつ病は体中のエネルギーがなくなってしまったかのような感じで、全てのことに対し全く意欲や関心がなくなってしまう状態になります。
これは多くのストレスに長い間抵抗しているうちに、体中のエネルギーを使い切ってしまった状態です。

自律神経失調症になっているうちに対策を行えば、うつ病になる可能性はかなり低くなります。 しかしそのままにしておくと、他の病気やうつ病などになる可能性が高くなります。


うつ病になっているかの目安

うつ病になっているかの目安としては、下記の通りです。

  1. 自律神経失調症は、意欲がまだある状態。
  2. 体に症状が出ている状態。
  3. うつ病は、意欲そのものがなく体に症状が出ている状態。

うつ病について相談をしたい方へ

辛いうつ病を今すぐ何とかしたい方は、自律神経失調症やうつ病に詳しい整体院「健療院グループ」までご相談ください。

このページの先頭へ