自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症の原因の「生活のリズムの乱れ」です。

生活のリズムの乱れ

人間は朝は起床して、夜は寝る生活を数万年以上も続けてきています。 そのためこの人間的の生活リズムを無視した環境や生活は、自律神経失調症の原因となります。
例えば、夜更かしが続いたり夜間勤務がある場合は、生活リズムが乱れ自律神経失調症になりやすくなります。

たまに親が子供を夜に連れ出してお酒を飲んでいることがあります。このような幼い頃からの不規則な生活は、自律神経失調症の原因となります。 特に子供は自律神経の発達が未熟であり、自律神経失調症になりやすい状態です。そのため、生活リズムには特に気を付けたいところです。

子供の頃に自律神経失調症になっている期間が長ければ、大人になった時に自律神経失調症になりやすい体になってしまいます。 病気がちな大人になるばかりではなく、ストレスに非常に弱い体になってしまいます。子育て時期には注意をしたいところですね。

 自律神経失調症に詳しい整体院 

このページの先頭へ