自律神経失調症.net大辞典/自律神経失調症の治療法の「薬物療法 自律神経失調症に対する薬」です。

薬物療法 自律神経失調症に対する薬

自律神経失調症の原因には、心理的あるいは社会的な要因がありますが、多くの人がそれらを基に「イライラ」「めまい」「食欲障害」「睡眠障害」など、体に症状が現れます。 それらの症状を取り除くのが薬物療法です。

自律神経失調症には、自律神経の機能を調整する薬や抗不安剤、抗うつ剤、睡眠誘導薬などを使います。
また症状によっては、ビタミン剤やホルモン剤を使うこともあります。
薬物療法には西洋医学の薬だけでなく、漢方薬による治療も含まれます。

 自律神経失調症に詳しい整体院 

このページの先頭へ